それでも気分は高専生

元高専生が自分のやってきたことを記事として残すためのてきとーなブログ

MacでneovimにAirline導入

導入

前提条件 : neovim,プラグイン管理はdein.vimでtoml形式での記述
導入自体は簡単.

[[plugins]]
repo = 'vim-airline/vim-airline'
hook_add = '''
let g:airline_powerline_fonts = 1
'''
[[plugins]]
repo = 'vim-airline/vim-airline-themes'

プラグイン管理しているtomlファイルに追記.

neovimを起動して

call dein#install()

するだけ.

airlineの文字化け解消

neovimを再度起動すると f:id:takahiro0914:20170807235923p:plain こんな風にステータスラインの一部の特殊文字が文字化けする.

そこで iTerm2の Non-ANCII font を Ricty Regular for Powerline.ttf にすればいいらしい[1].

brew install --vim-powerline ricty

ricty_generatorがSegmentation fault起こした….
以下のIssueによると,どうやらbrewでのインストールはできないらしい. Latest fontforge (20170731) segfaults when running ricty_generator · Issue #49 · sanemat/homebrew-font · GitHub

しばらく調べているうちに,RictyDiminishedというフォントを発見.
GitHub - edihbrandon/RictyDiminished: Ricty Diminished --- fonts for programming
こいつをgit cloneして手元に持ってくる.
しかしこいつでも文字化けは直せない…さらに調べるととある記事[2]でパッチスクリプトの存在を発見.
GitHub - mzyy94/RictyDiminished-for-Powerline: Ricty Diminished with Powerline patched --- fonts for programming
スクリプトをgit cloneし,RictyDiminished-Regular.ttfをcloneして来た

cp RictyDiminished/RictyDiminished-Regular.ttf RictyDiminished-for-Powerline
cd RictyDiminished-for-Powerline
fontforge -lang=py -script ./scripts/powerline-fontpatcher RictyDiminished-Regular.ttf
cp Ricty\ Diminished\ Regular\ for\ Powerline.ttf ~/Library/Fonts

そしてiTerm2の Preferences → Profiles → Text → Non-ANCII Font → Ricty Diminished Regular for Powerline

文字化け解消!!
f:id:takahiro0914:20170807235929p:plain
綺麗なステータスラインが目の前に!!

参照サイト

[1]Ricty for Powerline フォントとvim Airlineでかわいくて実用的なPython開発環境を作る | Developers.IO
[2]Vim Powerline用のFont Patchをあてる - Qiita